先日、「円周魚眼レンズとポート持って行くから、カメラ本体とハウジング貸して~」って来られた「とっさん」さんが撮影されました。 円周魚眼レンズは、レンズが捉えたイメージサークルの画像を円形のまま全てイメージセンサーに写しこむ面白いレンズなんです。

カメラ本体はニコンのフルサイズ機(D800)なんですが、ニコンからは円周魚眼レンズがリリースされていないので、シグマの8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYEをお持ちになられました。

シグマって言うと一昔前は「安かろう・・・」っていう位置づけのメーカーだったのですが、開発に力を入れ始めた近年、急速に評価が高まっていますね。 日本で売られている「ライカ」のレンズは実はシグマがOEM生産していたりするんです。

テーブルサンゴの下に潜り込んで上向けて撮った写真です。
円周魚眼レンズで撮影