この冬もっとも熱くさせてくれた魚がいます。

最初の出会いはとある湾内もポイントで、
そこそこ撮り尽くしたゲストさんがおられて、、「何かいいの紹介できないかな〜〜」
、、思いながらじっと水底を見ていると。。。

何やら小さいハナビヌメリ系の魚が2匹で向き合ってたんです。

「ヒレ開くかな?」、、と思って、

一番近くにいたゲストさんにちょっと写してみて〜って紹介したんです。

その場はそれっきり紹介しっぱなしで、時間が来たので浮上したのですが、
上がったらボート上で撮影したゲストさんが「すんごいヒレ開きましたよ!!」って言われるので、
「はいはいそーでっか」的なノリでそのままお店に帰着。

お店に戻っても「いやぁ〜〜あのヒレはすごかった」っておっしゃるのですが、
「へーーーーー」 的な対応で、 あまり話に乗らなかったんです。。

、、で、着替えて、皆さんの写真を大きなモニターで見ている中で、その方の写真になって。。。
順番に見ていったら。。。

のわ〜〜〜〜〜〜〜😱 すごいじゃないでつか!!
ログ付け会場?は一気にヒートアップ!
写真撮ったひーさんは「だから凄かったってずっと言ってたじゃないですか」って(爆)
コガタハナビヌメリ・ケンカ
上の写真はオス同士の戦い中ですね。

、、で、この魚何だろうか?と調べた結果。。。
論文のイラストから判断してコガタハナビヌメリと判断しました。
ハナビヌメリとかサンゴハナビヌメリは知ってたけど、コガタっていうのがいたのか!!??
小さいからコガタ、、らしいです。

その日以来、ウチではちょっとしたコガタハナビヌメリブームが起こりまして。
ヒレ系が好きなゲストさんの心を虜にしたのでした。
手前がメスで、奥でアピールしているのがオス。
コガタハナビヌメリ求愛
ターミネーターさま

それにしても何でこんな凄いヒレなのでしょう? 2段階で開きます。
コガタハナビヌメリ求愛
アレックスT野さま

その後、2ヶ月位楽しませてくれましたが、水温が下がりきった頃からほとんど見なくなって。
今はたま〜に見てもウロウロ這ってるだけでこんなヒレにはなってくれません。
観察をはじめてまだ3ヶ月くらいなので、通年見てみて生態を知ったら、もっと高確率で皆さんにご紹介出来るかもしれませんね。

それにしても、30年も潜ってても知らない生物に出会わせてくれる「海」って。。
ほんとに魅力的ですね。