比較的よく見られるオキナワベニハゼです。 普段は薄暗い穴の中やオーバーハングの壁にくついてじっとしています。

よーく観察していると、数分に1回捕食するために20cmほど浮いてすぐまた元の場所に戻るのですが、その浮いた瞬間に写すと、綺麗にヒレが開いた瞬間を撮ることができます。

そのヒレ全開の瞬間を狙ってカメラを構えるのですが、、、これがまたなかなか難しく、こちらが予想する方向へ飛んでくれなかったり、飛んだくれたと思ったらシャッターチャンスを逃していたり。。。

こんなのにハマると1時間はあっと言う間ですね(^^ゞ

オキナワベニハゼのホバリング

カメラ・レンズ NikonD300s   AI-AF MICRO NIKKOR 105mm 
光源      D-2000×2
データ     F;5.6  SS;1/200 

フォトギャラリー一覧へ