深場砂泥地の華、フラッグテールダートゴビーです。 ※スミレハナハゼと言う和名が提唱されました。
モエギハゼよりも一段深い場所にいる上に、泳ぐ距離も長く、おまけになかなかヒレを開いてくれないので、写しに行けるダイバーさんは限られてしまいますが、 じっと観察してて、フワリとヒレを広げた瞬間は息を飲む美しさです。

名蔵湾に生息するので、行けるのは冬場(12月〜3月末頃)です。
モエギハゼもたくさん居るので、ウハウハですよ〜。

スミレハナハゼ

 

カメラ・レンズ NikonD300s AI-AF MICRO NIKKOR 105mm
光源      D-2000×2
データ     F;16  SS;1/250