とある日。。。
中層を漂う「紐」みたいなものがありました。

20cmくらいの長さの紐がクシャクシャって固まってるような感じです。

何だろか??  、、と思って指でツンツンしてみると、 パッと伸びていきなり泳ぎはじめました。

何と生物だったのか!!??

写真のような龍が飛んでいるような姿勢で、どこのヒレを動かしてるのか分からないけど、明らかに意思を持ってフワフワと泳ぎはじめたので、慌てて撮った写真の中の奇跡的にピンと合ってた1枚です。

この後、徐々に水深を落としていって、アザミサンゴの上に乗っかったと思ったら、、そのままポリプの隙間に入り込んでしまいました。

アザミサンゴに、、と言うことはチンヨウジウオの仲間だったのか!!!??? 、、とその時は思ったのですが、詳しい人に聞いてみると、どうやらホソウミヤッコの幼魚のようです。

この時を含めて2回しか見たこと無いのです。カメラ持ってる時で良かった〜〜。

ホソウミヤッコ